退職金は何年勤めたらもらえる?|幼稚園教諭の仕事

退職金と言えば、定年退職する時に数百万から数千万貰えるイメージがありますが、幼稚園教諭で定年まで勤め上げる人はほとんどいません。
 
では、3年や4年という短期間で退職した場合、退職金は貰えないのでしょうか?

1.退職金とは?

退職金とは、会社や施設が独自の規定に従い、従業員の退職時に支払うお金の事です。
 
金額や、支払い対象は、会社や施設が独自で決定しているため、一律のものではありません

2.幼稚園教諭の退職金

幼稚園における退職金も、一般企業と同じで、幼稚園により規定が違います。
 
働き始める時に、幼稚園の様々な規定が書かれたものを貰っていませんか?
 
そこに、「退職金」の項目があり、退職金の支給を受けるにあたり必要な勤務期間や、金額の算出方法が書かれているはずです。
 
そこを見れば、正確な金額が計算できます。

3.働いている幼稚園の規定が分からない場合

書類の紛失などにより規定が分からない時は、幼稚園の経理や人事担当の人に聞けば教えてもらえます。
 
同僚に聞いてもいいでしょう。
 
しかし、「聞けない」という人のために、一般的な退職金の規定をご紹介します。

①勤務年数

勤務年数は「3年以上」の場合に、退職金が支給されることが多いです。

②計算方法

一般的な金額の計算方法は、「退職時の基本給×勤務年数×給付率」です。

③給付率

一般的な給付率は「自己都合の場合58%」「会社都合の場合67%」程度です、
勤務4年で、基本給が18万円。自己都合退職の場合
18(基本給)×4(勤務年数)×0.58=41.76万円
41.76万円が支給されます。

4.幼稚園教諭の退職金落とし穴

幼稚園教諭の入社は大抵4月です。
 
そして、退職は年度末の3月です。
 
例えば、1年目、2年目、3年目と3年働いたとします。
 
本人的には「3年働いたから退職金がもらえる!」と思っていても、4月入社で3月退職だと3年働いたことにはなりません。
 
そのため、退職金の支給が受けられなくなります。
 
また勤務年数を計算する時も同じです。
 
「年度」単位ではなく、「1年」が勤務年数になりますので、注意が必要です。

yomoko

こんなに頑張ったのに「これだけ!?」と虚しくなったアナタは・・・
 
職場選びに失敗していたのかも・・・。
 
働き出してから、ましてや退職金を計算しだしてから後悔しても、もうどうにもならないわ。
 
人間関係と同じくらい重要な、お給料。
 
転職先では、妥協せず「今より2万アップ」を狙ってみて!
ポイント
「好待遇の求人」や「条件交渉」に強いのは、保育専門転職サイトです。
 
その中でも、幼稚園教諭の求人は保育ひろばで多く取り扱われています。
 
登録すれば、より好条件の非公開求人情報を紹介してもらうことができます。

5.まとめ

yomoko

幼稚園の退職金も、一般企業と同じように独自の規定があり、それに従い支給されます。
 
そのため、自分の正確な退職金を知りたければ、勤めている幼稚園の規定を調べるところから始めましょう。
 
退職時期が数か月違うだけで、数十万円の差が出る事もあります。
 
その辺りも含めて、計画的に退職時期を決めるのがよさそうです。