幼稚園教諭は不足している?仕事を見つけるのは簡単?

幼稚園教諭免許を持っている人にとって、幼稚園での就職状況がどんな状況にあるのかは気になるところです。
 
人材が不足すれば、求職者にとっては有利な状況になります。
 
保育現場での保育士不足が深刻な社会問題となっていますが、同じく保育で働く幼稚園教諭も不足しているのでしょうか。

1.保育現場での人材不足

保育士不足は社会問題ともなっており、有効求人倍率も1.5倍から2倍で推移しています。
 
これは、1人の求職者に対して1.5から2倍の求人があるということです。
 
簡単に言うと、保育士が職探しをした場合、まず間違いなく仕事が見つかるという状況です。
 
 
では、同じ保育現場である幼稚園で働く幼稚園教諭はどうでしょうか。
 
幼稚園教諭だけに絞った有効求人倍率の発表はありませんが、幼稚園教諭が不足しているということはありません。
 
幼稚園は保育園に比べ施設数自体が少なく、幼稚園教諭は人気職種のため、人材確保に苦労はありません。
 
その証拠として、保育士不足を補う策として、幼稚園教諭の活用が提案されています。
 
もし、幼稚園教諭が現状不足しているのなら、幼稚園教諭で保育士を補うという提案はおきないでしょう。

2.今後の幼稚園教諭について

現在、幼稚園教諭は不足した状態にはありません。
 
しかし、これからは幼保一元化の流れを受け、幼稚園教諭の免許だけでなく、保育士資格を併せ持つ人が増えるでしょう。
 
そうなると、就職先の選択肢が広がります。
 
保育士は深刻な人材不足であるため、国や自治体がこぞって人材確保のための策を講じています。
 
今後、保育士獲得のため賃金の底上げや待遇改善が期待できます。
 
そうなると、幼稚園教諭免許と保育士資格の両方を持っている人は、保育士職へ流れる可能性が高くなります。
 
そのことにより、幼稚園での人材不足が発生する可能性があります。
 
しかし、幼稚園教諭は保育士に比べ施設数、必要な人数も少ないため、深刻な人材不足になる可能性は低いと考えられます。
 

3.まとめ

yomoko

幼稚園教諭が不足すると、求職者にとって有利な状況になり、待遇改善も望めます。
 
しかし、現在そして今後も幼稚園教諭が不足する可能性はあまり高くないと考えられます。
 
もし、あなたが就職で有利に立ちたいのならば、保育士資格を取得することが一番です。
 
保育士不足は今後も深刻な状態が続くはずです。
 
今後の保育現場において、保育士資格は非常に重要であることは間違いありません。