《幼稚園教諭の労働時間》朝は何時に出勤する?定時は?

幼稚園教諭は保育だけが仕事ではありません。バス当番もあれば、事務仕事もあります。

では、幼稚園教諭の労働時間はどのくらいなのでしょうか。

1.幼稚園教諭の出勤時間

幼稚園の保育時間は「標準4時間以上」と定められています。この4時間は10時〜14時が一般的です。

しかし、幼稚園には通園バスがあったり、混雑を避ける為分散登園をしていて徒歩通園であっても8時半頃から登園が始まるところが多くなっています。

設定保育はクラスの子どもたちが全員が揃ってからなので10時頃から始める園が多いと思いますが、8時前後から保育が始まるところがほとんどです。

また、通園バスの当番に当たると7時頃の出勤になることもあります。そのため、出勤時間は7時から8時頃のところが多くなっています。

2.幼稚園教諭の退勤時間

1日8時間勤務と考えると、8時に出勤した場合16時が定時ということになります。しかし、実際はそんなに甘くはありません。

どんなに早くても17時までは幼稚園にいるでしょう。

また、残業が常態化している幼稚園では「用事」がない限り、みんな残って19時頃まで作業をしています。たとえ早く帰れたとしても、それでは仕事が終わらず持ち帰ることになります。

イベントが近づくともっと遅くまで幼稚園で過ごすことになり、イベント前日などは日付をまたぐくらいの時間まで幼稚園で仕事をすることもあります。

3.延長保育

また、最近では共働きの家庭が増え延長保育を実施している幼稚園も増えてきました。そうなると朝は7時から受け入れが始まり夜も19時まで保育を行っている幼稚園が少なくなりません。

延長保育には専属の職員を配置しているところもありますが、当番制で延長保育の時間に出勤が必要な幼稚園もあります。

4.幼稚園教諭の労働時間まとめ

yomoko

このように幼稚園教諭はそのイメージよりはるかに長い時間働いています

長時間労働をさせないために、残業を禁止している幼稚園もありますが、それでは仕事がこなせません。そういった場合は、持ち帰って仕事をすることになります。

幼稚園で仕事をしている時間と、自宅に持ち帰り仕事をしている時間を合わせると、幼稚園教諭の労働時間はかなりの長時間ということになります。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください