幼稚園教諭が「家賃補助(住宅手当)」を受ける方法

一般企業であれば「家賃補助(住宅手当)」はよくある話ですが、幼稚園教諭で家賃補助があるという話はあまり聞きません。
 
しかし、幼稚園教諭は低賃金であることが多く、一人暮らしの人ならば家賃補助はそてもありがたい制度です。
 
そこで、この記事では幼稚園教諭の「家賃補助事情」と「家賃補助つき求人の探し方」をお伝えします。

1.家賃補助(住宅手当)とは?

家賃補助(住宅手当)とは、家賃の一部もしくは全額を支給するものです。これらは収入にあたり、課税対象となります。
 
この他にも「社宅」というものがあり、これはお金として支給するのではなく、住居を安く、もしくは無料で提供する福利厚生のひとつです。

2.家賃補助(住宅手当)を受ける条件とは?

家賃補助(住宅手当)は誰でも受けられるかと言うとそうではありません。
 
各施設により規定が異なりますが、
  • 自分名義(契約)の住居でないと支給されない
  • 実家から近いと支給されない
などの規定があることが多いでしょう。
 
家賃補助(住宅手当)を絶対に受けたい場合は、面接や働きだす前にきちんと確認しておきましょう。
 
また、家賃補助(住宅手当)はその制度自体途中で廃止される場合もあるので注意が必要です。

3.家賃補助(住宅手当)がある幼稚園の探し方

幼稚園での家賃補助(住宅手当)はあまり多くありません。
 
ハローワークや求人サイトで探すという方法もありますが、「家賃補助(住宅手当)」に絞って求人を探す事が出来ないため、1件1件求人をチェックしていく必要があります。
 
それよりも簡単な方法があります。それは転職サイトで探してもらう方法です。
 
転職サイトには保育職を専門としたものがあり、多いサイトだと保育職だけで1万5千件もの求人を扱っています。
 
転職サイトに登録して希望条件を伝えておけば、条件に合う求人が見つかる度にメールや電話で連絡をもらうことができます。
 
在職中や子育て中といった忙しい人でも登録さえしておけば希望の求人に出会うことが出来ます
 

4.保育専門の転職サイト

保育専門の転職サイトはいくつかあり、サイトにより「手厚く、積極的に」サポートしてくれるタイプと「そっと背中を押してくれるような」控え目なサポートをしてくれるタイプがあります。
 
どんなサポートをして欲しいのかで選ぶのがいいでしょう。
どのサイトを選んでいいか迷う時は、保育ひろばに登録しておけばまずは問題ないでしょう。
求人件数の多さと、丁寧なサポートできっといい求人に出会えます。
どんな難しい希望を出しても、最後まできちんとサポートしてくれます。

5.まとめ

幼稚園教諭への家賃補助はあまり多くありませんが、全くないわけではありません。
 
特に、保育職を専門に扱う転職サイトに登録すると、多くの求人の中から探してもらえるので比較的簡単に見つかるでしょう。
 
保育職は低賃金かつ、昇給の少ない職種です。このような職種でなんらかの手当がつくことは生活の質を上げる事に直結します。
 
同じ内容の仕事であってもどこで働くかによって待遇は大きく変わってきますので、働き始める前にきちんと確認しておくのがおすすめです。