保育士の転職|何歳まで働ける?40代50代新人の苦労と3つの注意点

保育士の資格を持っていると「一生働ける」と言われたりしますが、40代50代でも就職や転職はできるものなのでしょうか。

また実際に働く時にはどんな注意が必要なのでしょうか。この記事では40代50代の保育士が直面する苦労や注意点についてお伝えします。

保育士の転職
「何歳まで?」

保育士募集の年齢制限は、20~40歳くらいまでというのが大半です。

また、公立保育所であれば自治体によって違いはありますが、大抵35歳前後での年齢制限が設けられています。

確かに保育士の仕事内容を考えると、気力や体力、周りの人間関係などを含めて考えても20~40歳くらいが妥当というのは理解出来ますね。

では、40歳以降で保育職への転職は無理なのでしょうか?

\外出自粛!自宅で転職活動/
転職活動を自宅で完結、外出は面接のみ!

 

求人を見るだけ&話を聞くだけもOK
「こんな時」だからこそ保育職不足は深刻です
あなたの地域の求人をチェックしてみる

保育専門転職サイト全60サイト
転職サイトランキング

 

40代50代保育士
《苦労と強み》

40代50代で、新たに保育士として働く事はもちろん可能です。

今は保育士不足が深刻で、どの自治体も潜在保育士の復帰に力を注いでいます。

今は、40代50代でも保育士資格があれば十分に必要とされる、絶好のチャンスとも言えます。

しかし、40代50代の新人は多くはなく、若い時にはなかった苦労があるのも事実です。

40代50代の新人保育士が抱える苦労

①体力問題

yomoko

体力の低下は深刻な問題ですよね。

新人保育士と言えば、元気に子供と走り回るものです。

実際に、保育園の園庭を覗いてみると、子ども達と鬼ごっこや縄跳びをする保育士の姿があります。

私は見ているだけで膝が痛くなり「若いってすごいな・・・」と遠い目で見てしまいます。

若いころから同じ職場で働いていたのなら、主任や副園長のような指導的立場でしょうから、そこまで全力で子どもと走り回る必要はないですが、新人で担任ともなるとそうはいきません。

②人間関係

yomoko

歳を重ねても、やっぱり女は女・・・ですよね。

保育士は比較的幅広い年齢層が活躍している職種です。

しかし、やはりメインは20~30代です。

人生経験、人間的にも未熟で自分より遥かに年下保育士から指導や注意を受けるのは辛い時もあるでしょう。

また、その気まずさはあなただけでなく指導する側も感じることです。ただでさえ人間関係が複雑な女性の職場に年齢の問題が加わると・・・苦労が多いかもしれません。

③金銭面

yomoko

働けるだけで幸せと思っていても、慣れてくるとやっぱり見返りが欲しくなるのが人間ですよね・・・。

定年まで働いたとしても10~20年しかありません。その為退職金が少額になります。また、保育職は基本的に年功序列のため、いくら経験があっても歳を重ねていても、給与は上がりません。

④知識や経験を封印

yomoko

言いたい事をぐっと我慢。出来ますか・・・。

40代50代には、若者にはない知識や経験があります。子育てを経験した人なら尚更です。しかし、基本的に職場では勤務歴の長い人に従わなければなりません。

番外編

担任を持った場合の話ですが、担任発表などで、保護者は若くて可愛い先生を喜ぶ傾向があります。もちろん毎日保育を行っていく中でその気持ちは消え、年齢は関係なくなるのですが。まずは多少なりとも「がっかりされる」ことを受け入れなければなりません。

40代50代保育士ならではの強み

①包容力

歳を重ねた保育士の魅力は何と言っても包容力です。若いころは小さな事に目くじらを立てたり、人のことが気になっていたという人でも、歳を重ねましてや子育てを経験していると、性格も丸くなり包容力が出てきます。小さなことにこだわらず、のびのびとした保育が出来るはずです。

②信頼

保育士としてだけでなく、妻、母、人としての先輩であるわけですから、保護者からの信頼は抜群です。

③知識と経験

子育てや社会人としての経験。妻や母としての経験。保育をする上で活かせる知識と経験をたくさん積んできています。

④責任感

40代50代で保育職へ転職する人は、それなりの覚悟を持った人です。その為、責任をもって仕事をこなします。

⑤トラブルの少なさ

若い女子が集まると必ずと言っていいほど起こるのが人間関係のトラブル。もちろん、若い女性に限ったことではありませんが、比較的人間関係を円滑に進めることが出来るのも、40代50代の強みです。

⑥子供や保育へ対する思い

個人的には、これが若い保育士との一番の違いではないかと思います。歳を重ねると子供の尊さをより感じます。いち大人として、子供達を守り育てることの必要性や責任を感じている人が多いのではないでしょうか。本当の意味で保育の重要性を理解しているはずです。


このように、40代50代保育士には苦労だけでなく、強みもたくさんあり、あえてこの年齢層を採用したいと思っている施設も増えています。

しかし、どの施設でも歓迎されるかというとそうではありません。

歳を重ねたあなたの強みや魅力を十分に発揮し、認めてくれる職場を選ぶ必要があります。

関連記事
《保育士資格》活かせる仕事&働ける場所|再就職や副業に有利!

40代50代保育士の転職
《3つの注意点》

転職先を探す上で、以下の3つのことに注意しましょう。

  1. 自分に合った働き方が出来るか
  2. 20代の若い層が大半を占めてはいないか
  3. 実際に40代以降の保育士が在籍しているか

yomoko

どういうことなのか、ひとつずつ説明していきます。

1.自分に合った働き方が出来るか

いきなり「担任」というのはハードルが高いと感じる人も多いはずです。その場合、まずは保育補助からはじめて、ゆくゆくは正社員として働く道があるのか。また、子育て中の場合は、運動会や卒業式が自分の子供と被った場合、家庭を優先出来るのかなど、事前にきっちりと確認する必要があります。

2.20代の若い層が大半を占めてはいないか

保育職で珍しくないのが、大半が20代という職場です。5年目6年目ともなるとお局感が強く、退職の空気が流れるのです。そんな職場で40代50代が働くのは難しいでしょう。

3.実際に40代以降の保育士が在籍しているか

実績があるかどうかは非常に重要です。すでに40代50代で活躍している保育士がいるのなら、採用される可能性も、馴染める可能性も高いでしょう。

40代50代保育士の転職
《求人の探し方》

求人を探す方法は、ハローワークや求人誌、ネットなど様々ありますが、全てに共通する注意点があります。

それは、「書いてあることを鵜呑みにしてはいけない」ということです。

ご存知の方は少ないかもしれませんが、雇用機会均等法で「募集・採用における年齢制限」が禁止されています。求人に年齢制限を記載してはいけないし、年齢を理由とした不採用は禁止。そういう法律があるのです。

そのため、ハローワークや大手の求人媒体は、求人内容に年齢制限を記載していません。

これを鵜呑みにして応募してしまうと、施設側は応募の電話などを受けた際「この年齢は採用しない」と決めていても、年齢を理由に不採用にはでないため、一旦面接には呼んでおき、「今回はご縁が・・・」と不採用にするのです。

貴重な時間と労力を割いたこちら側としてはたまったもんじゃありません。

しかし、これはよくあることなのです。

yomoko

では、どうすれば「40代50代であってももいい人材なら採用するぞ!」と思っている施設を見分けられるのでしょうか?

これは正直無理です。

よっぽど内部事情に詳しい人に話を聞かない限り、施設側の本音は知りようがありません。

そこで活躍するのが転職サイトです。

40代50代保育士の転職は
「転職サイト」が有利

40代50代で不安を抱えながら、それでも保育職へチャレンジしたい人は、保育専門の転職サイトを利用すると有利に進められます。

もしあなたが保育専門の転職サイトを知らないのであれば、尚更利用してみるべきです。

保育専門の転職サイトではたくさんの保育職求人が扱われていて、利用したことのない人はきっとびっくりするはずです。(多い所だと2万件以上!)

yomoko

転職サイトの求人は、担当者が求人施設に直接出向いて話をきいている場合がほとんどです。

要するに、求人票には書けないようなリアルな事情も知っているとうことです。!

もしあなたが気になる求人を見つけた場合、転職サイトの担当者に「この施設は50代でも採用してくれますか?」と聞けば実情を教えてもらえますし、あなたに代わって直接施設へ確認をすることも可能です。

このワンクッションを置くことで、「本当に採用する気がある」施設だけを厳選して面接を受けることが出来るようになります。

また、希望すれば、転職サイトの担当者があなたに代わって厳選した求人を紹介してくれます。

40代50代に優しい
保育専門転職サイト

転職サイトは有名なものだけでも10サイト以上存在します。

登録してもフォローがないサイトもあれば、しつこく何度も連絡をしてくるサイトもあるため、登録するサイトは厳選しましょう。

50代というだけで積極的なフォローをしてくれないサイトに登録してしまうと、登録した手間が無駄になってしまいます。

40代50代の転職となると、しっかり話を聞いてくれて誠実に対応してくれるサイトを選ぶ必要があります。

そうなると「保育ひろば」というサイト一択です。

保育ひろばはあなたに代わって、あなたを必要とする職場を見つけてくれます。

面接日の設定や条件の交渉までも行ってくれます。

登録にかかる時間は3分もあれば十分。お金もかかりません。ハンデがある転職にはとても心強い味方になると思います。

まとめ

保育士は40代でも50代でも需要のある職種で、採用される可能性は非常に高いです。

しかし、40代50代を歓迎するかどうかは施設によって大きく違います。

失敗のない転職をするためには、40代50代を偏見なく受け入れる体制のある施設を探しましょう。

そうすれば、年齢のことは問題なく転職し活躍することが出来ます。

まずは、あなたの地域に40代50代保育士の需要がどの程度あるのか、知る事からはじめましょう。

>あなたの地域の求人を聞いてみる

▼関連記事▼