『幼稚園教諭』が退職後に絶対すべき!4つの事

気力体力ともに大変な幼稚園教諭の仕事を退職した後、アナタはどうしますか?
 
すぐに他の仕事を始める人、のんびり過ごす人、色々な人がいると思います。
 
まだ決まっていない人はぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。

1.焦らないこと

退職すると大抵の人が「早く仕事を探さないと」と焦ります。
 
収入がなくなる不安もあるでしょう。毎日を忙しく働いていきたゆえの「何もしない不安」もあるでしょう。
 
しかし、ここで大切なのは焦らないことです。
 
一度仕事を始めれば、可能な限り長く続けることになります。仕事を持たない期間というのは人生の中でもとても貴重な時間だということを知ってください。

2.ゆっくり過ごすこと

前項でも述べたように、人生で「仕事を持たない期間」というのはとても貴重です。その貴重な時間をぜひ十分に味わってください。
 
今まで行けなった場所にいくのもいいでしょう。なかなか会えなかった友達に会うのもいいでしょう。
 
恋人がいない人は、恋人探しをするのもいいかもしれません。海外旅行なんかもいいですね。
 
時間というのは限られたものです。仕事を持たず、すべての時間を自分に費やせる。人生に何度も訪れるチャンスではありません。
 
ぜひ、自由を満喫してください。「休息」は人生において重要な要素です。

3.ライフプランを立てること

アナタは自分の将来をきちんと考えていますか?
 
どんな人生を送りたいのか。どうなりたいのか。
 
もしかすると、幼稚園教諭になることが夢で、それを叶えるために必死に過ごしてきた人もいるかもしれません。
 
しかし、一旦足を止めて立ち止まったアナタには、ぜひもう一度ライフプランを考えて欲しいのです。
 
ライフプランは具体的であればあるほど、叶う可能性が高くなります。
 
叶えたい未来を、ぜひ具体的に考えてみてください。この時間があなたにとってきっと掛けがえのない時間になるはずです。

4.資格や技術を身につけること

幼稚園教諭として頑張ってきたアナタには保育者としての経験が備わっています。
 
一生保育に関わる仕事をするならば問題ありませんが、もしかすると年齢と共に体力のいらない事務職などにつきたくなるかもしれません。
 
その場合、保育経験しかないと職探しに苦労する場合が多いのです。
 
事務職に就く場合パソコン操作は必須ですし、電話対応なども必要です。ぜひ基本的なパソコン操作(エクセルやワード)を身につけておくのがおすすめです。
 
パソコン操作はハローワークやパソコン教室で習う事が出来ますので、ぜひ探してみてください。

5.まとめ

yomoko

今まで一生懸命働いてきた頑張りやのあなたは、きっと「ゆっくり」することが苦手でしょう。
 
しかし、ゆっくり過ごす事は悪いことではありません。休息は人生において大切な要素です。
 
ぜひ、時間がたっぷりある今の貴重な時間を有意義に過ごしてください。