幼稚園教諭|「好印象な志望動機」と例文をご紹介

転職や就職につきものなのが「履歴書」と「面接」。
 
そこで必ず考えておく必要があるのが「志望動機」です。
 
「志望動機って言われても・・・」とまずここでつまずく人も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、採用される志望動機をご紹介します。

1.そもそも志望動機って何故必要?

履歴書や面接で伝える必要がある志望動機。
 
職場はなぜ、志望動機を聞きたがるのでしょうか。

①その職場のことをどれだけ知っているか

職場の事を多少なりとも知っていなければ答えられないのが「志望動機」です。
職場の事を何も知らないのに応募してきた人を採用したいと思うでしょうか?

②職場の方針や考えにあった人かどうか

職場に馴染み、教えに従える人物かどうかを判断します。

③人間性や賢さが分かる

少し難しい問題に対する答えは、その人の賢さがなんとなくわかります。
どの程度の語彙力があるかや、自分の言葉できちんと話せるかを見ます。

④特に意味はない

特に意味はなく「恒例の質問」となっているだけです。
面接の担当者の中には話し下手な人もいます。そういった人はこのお決まりの質問をするのです。
質問に特に深い意味はなくとも、その答えはきちんと聞かれています。

2.幼稚園教諭の「印象に残る」志望動機

まず、志望動機で重要なのは「質問にきちんと答えられているか」ということです。
 
履歴書であれば「志望動機」と書かれていますが、面接では・・・

面接官

「どうしてうちの幼稚園で働きたいと思われたのですか?」
と聞かれます。
 
この場合に、「子どもが好きで、幼稚園教諭という仕事で子どもに関わりたいと思ったからです。」では答えになっていません
 
「どうしてうちの幼稚園で働きたいと思われたのですか?」で重要なのは赤文字の部分です。
 
この場合に好印象を与える答えはこうです。
園庭の前を通る度に楽しそうな子どもたちの笑顔と、穏やかに接する先生たちの様子を拝見していました。

 

元気いっぱいな子どもたちの保育を、あのように穏やかに行っているこの幼稚園は、きっと先生方にとっても素晴らしい幼稚園なのだろうと思っていました。

 

素晴らしい先生たちにご指導いただき、私も幼稚園教諭として成長したいと思い、貴園の求人に応募させていただきました。

また、「なぜ幼稚園教諭に復帰しようと思ったのですか?」で重要なのは赤字の部分です。
妊娠を機に退職したのですが、自分の子どもを育てる中で、幼稚園教諭時代には知らなかった保護者の気持ちを知りました。
 
若い時には若い時にしかできない保育をしていた自負がありますが、今はあの頃とは違った視点で、もっと子どもや保護者に寄り添った保育をしたいと思い復帰を決意しました。
この様に、相手が本当に聞きたいと思っている部分に対し、きちんと答える必要があります。
そのうえで、好印象を与える志望動機は以下のようなものです。
  • 職場の事をしっかり理解し、それを肯定するもの
  • 実体験や感情のこもったもの
  • キレイな文章より、自分の言葉で話していること
  • 「本音」だと感じられるもの
志望動機は堅苦しいイメージがありますが、自分の言葉で構いません。
 
特に、幼稚園教諭は人間性が問われる職種です。
 
改まったものより、「本音」だと感じられる、あなたらしいエピソードが詰まったものにしましょう。

3.面接や履歴書が苦手な人

志望動機に正解はありません。
 
施設により求める人材が違うので、ある園では「積極性が感じられる答え」が正解でも、ある園では「協調性があり穏やかな人柄が感じられる答え」が正解の場合もあります。
 
明確な正解はなかったとしても、その園が求める人材が分かっていれば「正解に近づける」ことは可能です。

yomoko

そうは言ってもどんな人物を求めているかなんてそうそう分からないわよ?
 
求人票からは「どんな人材を求めているか」までは分からないことが多いので、それを知りたければ《保育ひろば》のような転職サイトを利用するといいでしょう。
 
転職サイトを利用すれば、求人施設の実情が分かるだけでなく、履歴書の指導や、面接のサポートもしてもらえます。
 
何より、求人施設が求める人材が「あなた」であると判断した場合にのみ求人を紹介してくれるので、採用率は通常の応募より格段に高くなります。
 

4.まとめ

yomoko

転職や就職はワクワクドキドキの期待と共に、履歴書や面接と二の足を踏んでしまう人も多いはずです。
 
しかし、着飾って自分を偽ってもいいことはありません。特に、幼稚園教諭は人間性がとても重要です。
 
ぜひ、面接や志望動機でもあなたらしさを伝える事を意識してくださいね。
 
どうしても緊張して面接でつまずいてしまう人は、転職サイトのようなプロの力を借りて乗り切りましょう。

▼こちらもオススメ▼
「手取り16万って普通でしょ?」いいえ!安すぎます!《手取り19万》《持ち帰りなし》の職場