保育士|処遇改善手当とその他手当を解説(家賃補助、扶養手当etc.)

保育士の「処遇改善」という言葉をニュースなどで聞くようになってからだいぶ経ちましたが、保育士の皆さんは「処遇が改善されている実感」はありますか?

私が新卒だった頃の10年前と比べると多少改善していると感じるのですが、給与面で言うと物価も上がっているし将来の心配がないだけの十分なお給料が出ているとは思えません。

この国をあげた政策はきちんと「保育士への処遇改善手当」として還元されているのでしょうか。そもそもこの政策がどんなものなのかも簡潔に解説したいと思います。

また家賃補助や扶養手当など、給与アップに繋がる保育士の手当についてご紹介します。

この記事を書いた人
編集長:yomoko

保育士・幼稚園教諭歴10年以上。
現在は2人の子供を幼稚園児と小学生に通わせるママでもあります。(以前は2人とも保育園に通っていました)そんな保育経験と保護者の立場を活かした、保育に役立つ情報を発信しています。

\外出自粛!自宅で転職活動/
転職活動を自宅で完結、外出は面接のみ!

 

求人を見るだけ&話を聞くだけもOK
「こんな時」だからこそ保育職不足は深刻です
あなたの地域の求人をチェックしてみる

保育専門転職サイト全60サイト
転職サイトランキング

 

保育士の処遇改善手当って?

2013年に「保育士に対する待遇をよくしよう!」と補助金制度が創設されました。一定の条件を満たした保育施設が申請をして上で認められれば補助金が支払われます。それを各保育士に分配したものが「処遇改善手当」です。

ちなみに、この補助金は施設に支払われていますが保育士の給与以外に使用することは認められていません。

処遇改善手当の具体的な内容

保育園は「園長・主任保育士・保育士」という3つの役割に分けられていましたがが、この制度の導入により「副主任保育士・専門リーダー・職務分野別リーダー」という新たな3つの役職を設けることになりました。

各役職にそれぞれ手当を支給することで昇給が実現するという仕組みです。

副主任保育士・専門リーダー

この役職につけるのは概ね7年以上の経験年数がある人と定義されています。

そしてこの役職に該当する人が施設にいる場合、1人に付き4万円支給されます。この4万円は丸まま該当者に支給してもいいですし、他の職員に分配することも可能です。

ですので該当するからといって必ず4万円がもらえるとは限りません。

職務分野別リーダー

この役職につけるのは概ね3年以上の経験年数がある人と定義されています。

そしてこの役職に該当する人が施設にいる場合、1人に付き5,000円支給されます。これは分配することは認められていませんので該当する人は必ず5,000円もらえます。

保育経験7年以上の保育士と、3年以上の保育士が施設にいる場合は補助金あげるから申請してね。あげた補助金はそのまま該当する保育士にあげてもいいし、他の保育士に分配してあげてもいいよ!

⬆︎とっても簡単に言うとこんな感じです。

内容を詳しく知りたい人は厚生労働省の資料で確認できます。

現役保育士の感想

保育士を7年続けて4万円の手当がつけばちょっとやる気にもなりますよね。一見、素晴らしい制度に思えますが対象保育士はどんな感想を持っているのでしょうか。

どうして保育士に直接支給されないのでしょうか。施設によっては補助金の申請をしていなかったり保育士に還元していないところがあり、周りの保育士を見ていても処遇が改善されている実感がありません。

30歳 保育士歴10年

8年目の保育士です。大規模保育園でこの制度によって副主任保育士になりました。しかし手当の額は25,000円です。いまいち納得いきません。

28歳 保育士歴8年

副主任保育士になり4万円の手当がつきました。もともと比較的待遇のいい職場ですが4万アップしたことで会社勤めの友達と同じくらいの給与になりとてもありがたいです。

29歳 保育士歴7年

きちんと保育士に手当として支給しているところもありますが、そうではないところもあるようで不満の声も多いのが実情のようです。

保育士の手当の罠

保育士の給与は低いので色々な手当がつくとありがたいし魅力的ですよね。しかし、手当が多いからといって待遇がいいとは限りません。

yomoko

いくら手当が多くても「基本給」が少ないと注意が必要なんですよ!

ボーナスや退職金は「基本給」の◯ヶ月分、◯年分として計算されます。

毎月の給与が20万円あったとしても基本給が10万円であとは手当として支給されていると、ボーナスや退職金がとても少なくなります。

例)ボーナス
10万円(基本給)×2.5ヶ月=25万円

逆に同じ給与20円でも、基本給が16万円で後の4万円が手当だとするとボーナスや退職金は多くなります。

例)ボーナス
16万円(基本給)×2.5ヶ月=40万円

基本給がきちんと確保された上で手当が充実している職場を選ぶと毎月の収入もボーナスなどの収入も安定しますよ!

保育士の手当一覧

前項で処遇改善手当についてご紹介しましたが、ここからは保育士が受けられるその他の手当についてご紹介します。昇給が少ない保育士にとって手当は給与アップに直結するものです。転職の際は手当の部分も注目して見てくださいね。

残業手当

残業手当とは、法定労働時間の1日8時間または、1週40時間を超えて労働した際に支払われる割増賃金のことで、 労働基準法では通常の賃金を25%増やした賃金を支払うよう定められています。また休憩出来ていない休憩時間も本来なら超過分として支払われなければなりません。が・・・

これがきっちり払われている保育士なんてほとんどいませんよね。残業を見て見ぬ振りをしていたり「月に◯時間までは基本給に含む」とされていたり。

yomoko

この手当が支給されれば保育士の不満の半分くらいは減ると思いませんか?

休日出勤手当

「休日」には2通りあります。法律で定められた休日(日曜や祝日)と、職場で定められた休日(休日月6日など)です。

この休日に出勤した場合は通常の賃金を25%もしくは35%増やした賃金を支払うよう定められています。

特殊業務手当

特殊業務手当とは保育士など一部の職種だけにある独特の手当です。保育士の場合は行事などで通常より業務が忙しい月に支給されます。

例えば運動会や生活発表会などの月です。手当が支給されること自体は嬉しいですが、数千円から多くても2万円くらいのところがほとんどではないでしょうか。ないよりは嬉しいといったレベルです。

経験手当

あまり多くはありませんが保育経験に対して手当を支給しているところもあります。これは転職者にも適応され、他の園での経験が評価される転職者に魅力的な手当です。ある程度の保育経験がある人が転職する時はこの手当がある施設を選ぶと有利です。

yomoko

「経験手当」聞いたことがない人も多いんじゃないでしょうか?

人材確保に力を入れている施設に多い手当なので、転職サイトならこの手当のある求人が結構ありますよ!

▶︎「経験手当」がある求人を探す

資格手当

保育士は国家資格です。あまり多くはありませんがその資格に対して手当を支給している施設もあります。

役職手当・管理職手当(主任手当)

主任や副主任、副園長などといった役職につくと手当が支給されます。3万円から多いと10万円近くの手当手がつく施設もあります。処遇改善手当がここに含まれている施設もあります。

通勤手当

通勤にかかる電車代やバス代、駐輪所代などが支給されます。施設によって上限が決まっていたりします。

yomoko

私が新人の頃勤めていた職場は電車で2駅でした。通勤手当で支給される分を浮かせようと晴れた日は自転車で行っていたのですが数ヶ月経ってから定期のコピーを提出するように求められ…

定期を購入していないなら通勤手当は出ないと言われ、無駄に自転車通勤を頑張っただけになった苦い経験があります…。

住宅手当・家賃補助

これは本当にありがたい手当です。保育士が一人暮らしするならなくてはならない手当とも言えます。

住宅手当は一律で◯万円と決まっていたり、施設が借り上げているマンションに無料や安くで住める場合があります。

扶養手当(家族手当)

子供や両親を扶養している場合に支給される手当です。これも施設によって内容が違います。税務・保険上で扶養していると支給される場合や、子供1人につき◯円という形で支給される場合があります。

お子さんであればご主人の扶養に入っている場合も多いと思うので、この手当が支給されるかはきちんと確認した方がいいですね。

昼食補助手当

施設によって昼食は色々なパターンがあります。子供と一緒に給食を食べるところもあれば、昼食は持参して子供とは別に食べる施設もあります。

強制的に給食を食べなければいけない場合、給食費を徴収されるところもあれば無料のところもあります。また有料のところでも1食300円の給食費の半額や200円を手当として支給してくれる施設もあります。

手当が充実した職場を探す

手当が充実しているのは人材確保に力を入れている施設に多い印象です。

yomoko

「いい人材を採用して長く働いてもらう。」こういう意識が強い職場ですね!

ハローワークや求人誌は無料もしくはあまりコストを掛けずに求人が出せます。こういったところを利用する施設は「人材採用にお金を掛けたくない」ところも多いので高待遇の求人はあまり見かけません。

それに対し有料の転職サイトで求人を出している施設は「お金を掛けていい人材を探す」という意識があるのか、待遇も良いところが多いと感じます。

私が初めて転職サイトの求人を見たときはハローワーク求人との待遇の違いにびっくりしました。何よりハローワークではあまり見かけない企業主導型保育所やベビーシッターなど一般的な保育園以外の求人が多くて感動した記憶があります。

保育士資格で働ける場所は意外とたくさんありますので興味がある人はこちらの記事が参考になると思います。

▼関連記事▼
《保育士資格》活かせる仕事&働ける場所|再就職や副業に有利!

保育専門の転職サイトを利用したことがなければ一度利用してみると選択肢が広がると思います。利用には名前やメールアドレスなどの登録が必要なので個人情報の管理がきちんとされたサイトを選ぶようにしましょう。

個人的には保育ひろばがいいと思います。無料で利用できますし登録すればHPに掲載されている求人の口コミや詳細情報を知ることができます。

▼関連記事▼
【保育士の転職サイト】口コミ評判|60社を徹底比較でランキング!

人気TOP3
保育職専門の求人サイト

利用者の口コミ満足度が高く求人数が多い保育専門の転職支援サイトTOP3はこちら↓

保育ひろば⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

保育ひろば
サイト名 保育ひろば(公式サイト
運営会社 株式会社ネオキャリア
取り扱い
求人数
4,000件以上
保育士求人
幼稚園教諭
求人

派遣
特徴

保育士求人だけでなく、幼稚園教諭の求人も多い。面接日や入職日の調整をしてくれたり勤務開始後も相談に乗ってくれるなど、手厚いフォローでも評判。求人数、求人の質、スタッフの質など全体的に高評価。

保育ひろば詳細&口コミ▶︎

【保育ひろば】の求人を見る▶︎

保育ファイン⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

サイト名 保育ファイン(公式サイト
運営会社 FINE株式会社
対象地域 全国
取り扱い
求人数
8,000件以上
保育士求人
幼稚園教諭
求人

派遣
特徴

しつこい連絡が嫌な人や転職支援サイトの求人は見たいけど提案やフォローはあまり必要ないという人から人気。希望すれば求人紹介やフォローもあり。ハローワークや一般の求人媒体に比べ保育職の求人数は断然多く交通費支給などのフォローもあり、複数の転職サイトを併用している人から人気が高い。

保育ファイン詳細&口コミ▶︎

【保育ファイン】の求人を見る▶︎

ジョブメドレー保育士⭐️⭐️⭐️⭐️☆

サイト名 ジョブメドレー(公式サイト
運営会社 株式会社メドレー
対象地域 全国
取り扱い
求人数
1万件以上
保育士求人
幼稚園教諭
求人

派遣 ×
特徴

医療や介護分野で人材サービスを展開している知名度の高い会社。自分で求人を探して応募するタイプなので連絡がほぼなく利用しやすい。また「スカウト」を受ける設定にしておけば求人施設から高確率でスカウトメールが届く。地方の求人にも強く全国的に人気が高い。

【ジョブメドレー保育士】の求人を見る▶︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください