保育情報どっとこむ|よい求人&職場を紹介してもらう裏技

yomoko

「保育情報どっとこむ」はとても親切で紹介先の質も良いって有名よね。

 

でも「なかなか紹介してもらえない」っていう人や、「これから登録する」っていう人はぜひこの記事を参考にしてね。

キャリアコンサルタントに気にかけてもらう裏技を紹介するわね!

公式サイトはこちら 

「保育情報どっとこむ」は多くの求人と登録者を抱えている

「保育情報どっとこむ」は保育専門転職支援サービスの中で大手です。たくさんの求人と登録者を抱えています。

どれだけいい求人があっても、キャリアコンサルタントの頭にあなたとう人物が浮かばなければ紹介しようがありません。

いい求人があった時、キャリアコンサルタントの頭にあなたがぱっと浮かぶ状態にしておく必要があります。

その為には自分から連絡をしたり、面談を受けて自分を売り込んでおく必要があります。

いくら保育職は売り手市場だと言っても、いい求人には人が群がります。そういった人気求人をGETしたいならば、キャリアコンサルタントに気にかけてもらえるよう行動を起こしましょう。

少しの努力で、全く違った人生になります。

では、キャリアコンサルタントに気にかけてもうら方法を3つご紹介します。どれも簡単な方法です。

▼こちらもオススメ▼
「手取り16万って普通でしょ?」いいえ!安すぎます!《手取り19万》《持ち帰りなし》の職場

1.「本気」をアピールする

「保育情報どっとこむ」は登録者が多く、1人のキャリアコンサルタントがたくさんの登録者を担当しています。そしてその登録者の全てが「求職中」ではなく、冷やかしやすでに転職の必要がなくなった人も含まれているのです。

その為、「転職・就職の意思がある」ことが分かっている人から優先的にフォローしていきます。

キャリアコンサルタントからの紹介を期待するなら、まずは自分から問い合わせをしたり、掛かってきた電話には出る、もしくは必ず折り返すようにしましょう。

私の経験では、メールは2回、電話は1回無視するともう連絡がなくなります。

MEMO
もし、現在すでに連絡がない状態だとしても、一度こちらからきちんと電話をして紹介を希望すればきちんと対応してくれます。メールではなく電話することがポイントです。

2.面談を受ける

「保育情報どっとこむ」は施設と求職者のマッチングを非常に重要視しています。そのマッチングに欠かせないのが「面談」です。

面談で実際に会い、自分の事を知ってもらうことでキャリアコンサルタントも紹介先を見つけやすくなります。「保育情報どっとこむ」は非常に真面目で誠実な為、いい加減な求職者を施設に紹介するようなことをしません。

転職・就職に真面目であることをアピールするのに一番最適なのが「面談」です。

3.こまめに自分から連絡する

まかせっきりにして待っていてはいけません。連絡がなければ自分から電話しましょう。

なかなか自分から電話をしてくる登録者いません。そのため何度か電話をすれば確実に覚えてもらえます。

そうすればいい求人が出た時「あ、あの人(あなた)に紹介してみよう!」と最初に頭に浮かぶようになります。

公式サイトはこちら

まとめ

保育職は現在完全な売り手市場なため、じっとしていてもなんらかの職にはありつけます。

しかし、少しでもいい条件、いい職場で働きたいなら、やはり努力する必要があります。

キャリアコンサルタントは施設に紹介しても恥ずかしくな人材、やる気のある人材を常に探しています。あなたがやる気と本気をアピールすれば、間違いなく優先的にいい求人を紹介してくれるでしょう。

職探し自体は「保育情報どっとこむ」に任せっきりにしても問題ありません。しかし、キャリアコンサルタントへのアピールは必要不可欠です。

公式サイトはこちら