【体験談】保育士1年目年度途中に辞めたい「3ヶ月で担任を辞めた話」

今、この記事を読んでいるあなたはきっと毎日憂鬱で色々な思いと葛藤していると思います。

  • 1年目で辞めるなんて無責任…
  • 担任を持っているのにクラスはどうなる?
  • 保護者にどう思われる?
  • 辞めるまでの期間気まずくならない?

私が保育士として保育園に就職して1年目で辞めたいと思っていた時は、こんなことが気になってなかなか退職を言い出すことができませんでした。しかし、結果的に私は3ヶ月で退職しました。そして後悔はありません。

今あなたが自分を責めて辛い思いをしているなら、少し長いですがぜひこの記事を最後まで読んでください。

きっと今の辛い状況から抜け出す力になるはずです。

\外出自粛!自宅で転職活動/
転職活動を自宅で完結、外出は面接のみ!

 

求人を見るだけ&話を聞くだけもOK
「こんな時」だからこそ保育職不足は深刻です
あなたの地域の求人をチェックしてみる

保育専門転職サイト全60サイト
転職サイトランキング

 

保育士1年目
年度途中に辞めたい

保育士の1年目がいかに辛いかは、保育士を経験したことがある人なら誰もが知っていることです。しかし「辛い」といっても誰もが1年でギブアップするわけではなく何年も続けている人もいます。

ここで、「辞めたい」と思っているみなさんが葛藤するのが「たった1年で辞めるなんて甘えなんじゃないか」ということです。

では、ここからは入社1年目で実際に辞めた私の体験談です。

辞めたのは入社3ヶ月後

新卒として入社が決まり、入社前の1月から出来る限りアルバイトとして保育園に出勤するように言われました。いわゆる新人研修というやつですね。

4月から2歳児の担任が決まっていたので、その子供たちのクラスへ保育補助として配置されました。学校の授業もほとんんどなく、週に3日~5日出勤していました。

この頃からすでに保育園の居心地は悪く「楽しい」という感情は全くありませんでした。

続けられるのかただただ不安な中、それを乗り越えるために必死に業務をこなしている感じでした。

しかし、入社後3ヶ月が経った七夕の準備を始めた頃行きたくなくて行きたくなくて仕方がなくなり退社しました。

何が辛かったのか

これは、自分でも何度も何度も考え「私は弱い」と自分を責めました。

  • どうして頑張れないんだ・・・
  • どうしてこんなことで辛いと感じてしまうんだ・・・
  • どうして上手くできないんだ・・・
  • どうして人とうまく関われないんだ・・・

学生時代の友人はみんな頑張っているのに、自分だけが頑張れない。具体的にはこんなことが辛かったです。

同期がいなかっ

周りにいるのはイベントも保育も一旦全て経験したことのある人ばかり。自分と同じように「全てが初めて」という存在がいないのは辛かったです。

また、「1年目の仕事」とされる雑用を1人でこなさなければならないのも大変でした。

先輩にも余裕がなかった

ペアを組んだ保育士は2年目でした。優しい人でしたが2年目で初めて自分がメインでの担任となったため、先輩保育士自身も余裕がありませんでした。

「やり方を教える余裕」がないため、私が上手くできないことは「やっとくからいいよ!」という感じで教えてもらえませんでした。

そのため、先輩がいない時に自分では出来ない、知らないことがとても多く園長や主任などからよくお叱りを受けました。「分からないことは聞きなさい」と。でも聞いても教えて貰えないんですよね・・・「やっとくからいいよ!」で・・・。

子供との信頼関係が築けなかっ

子供が話しを聞いてくれない、注意を聞いてくれない、そんな時とことん向き合うことが大切です。

しかし、クラス自体にそんな余裕がなく困った場面では先輩保育士が必ず子どもの対応をしていたため、私は子供からの信頼が全くありませんでした。保育補助のような存在だったのです。

子供のケガに気づけなかった

毎日辛いと思っていた頃、それは起こりました。

いつも手が痛いと泣く子供がいました。家庭環境が変わり不安定になり、保育士の気を引きたくて言うのです。そして絆創膏やシールを手に貼ると落ち着くのです。

その日もお昼寝前に同じ様に泣いていました。なので、手の甲にシールを貼ると落ち着いて眠りました。

しかし、お昼寝の途中に泣いて起きその場に居合わせた主任が「何かおかしい」と言い、子どもに小さなラムネを「あげる」と渡しました。すると右利きのはずのその子は左手でラムネを取ろうとしました。

主任は右手を差し「こっちの手でどうぞ」というと、その子は右手でラムネを取ろうとした瞬間大泣きしました。

その子は右肩が抜けていたのです・・・。

今までもあったようで、抜けやすい子ではあったようですが腕が抜けているなんてどんなに痛かっただろう。それに気づかず誤魔化しのシールを貼って眠らせたなんて・・・

この日から保育をするのが嫌ではなく、怖くて仕方がなくなりました。

心と身体の休まる時間がなかった

午睡中に出来ることは、保護者への連絡ノートの記入くらいでした。1年目の保育士はミーティングの準備、お茶やお菓子の準備、その他雑用などを任され常に小走りでした。

保育案の作成も初めてでとにかく時間がかかります。誕生日カードや製作の準備、全て「調べる」ことと「材料を集める」ところから時間がかかってしまいます。その為、帰ってからも土日もずっと作業をしていました。

手取りで14万円しかなかったこともストレスの原因だったと思います。

辞める決断

辞めたいとずっと思っていましたが、言う勇気がないことや、家族や友人にどう思われるのかという心配から行動に移せずにいました。しかし、子供のケガに気づけなかった日以来・・・

「いつか本当に大きなケガをさせてしまうんじゃないか」という不安が大きくなり「こんな無責任な人間が子どもの命を預かるなんて絶対に良くない」と思い退職を決断しました。

しかし、今考えると「数か月で無責任に仕事を放棄する自分への都合の良い言い訳」だったのだと思います。

自分の弱さのせいじゃない。子どもの安全のためだ。と思いたかったのだと思います。

保育園に伝えた退職理由

辞めると決めてから次に立ちはだかったのは「退職理由」です。

どうにか自分を正当化できて、引き止めに合わずすぐに退職出来る理由を探しました。

私は表面上は愛想がよくまともに見えるため「1年目は誰でもそう」「1年間は頑張りなさい」と引き止めに合う事は想像に容易かったので、正直に話すという選択肢は除外しました。そこではじめに思いついたのが「体調不良」です。

腰痛や持病が悪化して治療が必要になったということにしてはどうか、と考えたのですが以下の懸念がありやめておくことにしました。

・診断書を求められる
仕事が理由で体調を崩した場合、労災認定されたり失業給付が待機期間なくすぐ給付されます。優しい園長だった場合、こういった配慮のため診断書を提出するように言われることがあるのです

・演技が必要
退職を願い出るまでの間と、退職日まで体調不良を演じなければなりません

・退職後に目撃される危険性
退職後にプライベートや転職先で目撃された時の気まずさがあります

・退職日を引き延ばされる
体調が悪いとは言え死にそうなわけではありません。となると、後任が決まらなければ「決まるまで」と引き延ばしに合う可能性があると考えました

次に思いついたのが「家族の看病」です。

これは心が痛みましたし「言葉にしたことで、現実に起こってしまったらどうしよう・・・」という迷いがありましたが、他に思いつかず退職理由は「母の看病」にしました。

この頃ちょうど、友達のお母さんが膠原病(こうげんびょう)という病気にかかり、友達は祖父母の世話をしたり家事をしたりとお母さんに代って家を切り盛りしていました。

その状態をそっくりそのまま自分のことのように使わせてもらう事にしました。

(最低です・・・。すみません・・・。でもあの頃は本当に精神状態がギリギリで、寝ているのか起きているのかも分からないほど、思考回路が停止していました。)

具体的にはこう伝えました。

母が膠原病という病気にかかりました。

 

来月から長期の入院が必要となります。うちには高齢の祖母がいて母が介護をしているので、母の代わりに祖母の介護をしたいと思っています。

 

父は多忙でなかなか母に付き添うことも出来ないので、母の看病もしたいと思っています。

 

年度途中で本当に申し訳ないのですが、母の入院までに退職させてください。

園長の反応と対応

園長はあまり感じのよい人ではなく「罵られるのでは・・・」と不安がありましたが、回答はこのような内容でした。

そうですか。分かりました。

 

でも「来月までに」ということは今月中に辞めたいということですよね。

 

すぐに後任の募集をかけますが、今月中というのは無理かもしれません。

責められることも、引き止められることもありませんでした。

園長先生は、嘘だと分かっていたのだと思います。

しかし、詳細なストーリーをつきつけられ、もう何も言う気にならなかったのだと思います。

「責めても止めても無駄だ」と。

退職の流れ

まずはじめに言われたことは「口外するな」ということでした。ペアを組んでいる先輩保育士にも園長から伝えると言われました。

園長に伝えた1週間後、午睡時間に先輩保育士から「園長から聞いた・・・」と驚いた感じで言われました。その1週間後、園長先生から「後任は採用出来ていないが、理由が理由なので今月いっぱいで」と退職の許可を貰いました。

2歳児クラスの担任をしていましたが最後まで「子ども達には言うな」と言われ、出勤最終日早いお迎えの保護者から「先生辞めるの!?」と言われこちらが驚きました。何故知っているのかと聞くと、玄関に貼りだしてあったと言われ見に行きました。

 

お知らせ

 

2歳児○○組担任の○○先生が

6月末日付で退職されます。

 

と貼りだされていました。

最終出勤日は16時までだったのでその保護者以外挨拶もせずの退職でした。

何か月も悩みましたが、退職の意向を伝えてからはあっさりしたものでした。きっと、私は職場に馴染んでいなかったし、私の退職はそれほど大した事件ではなかったのだと思います。

私は私なりに責任や負い目を感じていましたが、この退職で分かったことは「私が辞めても、それほど大したことではない」ということでした。

退職後

退職後、自分が想像以上にきわどい精神状態だったのだと気づきました。

ゆっくり過ごそうと思っているのに、心がちっとも休まらず時間はたっぷりあるのに熟睡できません。

あまりに眠れず、笑えず、心療内科へかかることにしました。睡眠導入剤や軽い精神安定剤をもらいゆっくり過ごすようにと言われました。

しかし、頑張れなかった自分が恥ずかしくて友達にも会えず「早く新しい職場を探さなきゃ・・・探さなきゃ・・・」と焦りばかりが募りました。

退職後の心境

退職して後悔は全くしませんでした。退職前は「甘え」じゃないかと悩みましたが、甘えではなく精神的に本当に限界だったと改めて思いました。しかし「嫌な仕事を辞められて爽快♪」かと言うと、全くそんな気分ではありませんでした。

「3ヶ月で仕事を辞めた自分」

「仕事を途中で投げ出した自分」

「嘘をついて辞めた自分」

この思いが自分を責め続けました。

退職後1ヶ月を過ぎると「無職の自分」という焦りも加わりました。勤務期間が1年に満たないのでもちろん失業手当も支給されません。仕事を探さなければなりませんが「また続かなかったら・・・」と思うと怖くて、なかなか一歩を踏み出せませんでした。

1回の転職なら「合わなかった」ですみますが、2回続くと「この子はどこに行っても続かない」と言うレッテルを貼られそうで怖かったのです。

一気に心が軽くなった瞬間

とにかくじっくり探そうと、ひたすら求人情報をチェックしました。

保育職の求人はあまり多くなく、同じような内容と同じような特徴ばかりで人間関係までは分からず、実際に保育園まで行き外からこっそり見たりしました。新しい職場探しは期待や希望といった感情とは程遠く「失敗したくない・・・。失敗したくない・・・。」ただそれだけでした。

そんな怯えた状況の私が自分で職場を探すには限界があると思い、転職サイトに登録しました。

転職サイトのホームページから登録した後担当者が連絡をくれ「3ヶ月で辞めてしまったこと」「人間関係に不安があること」「もう失敗したくないこと」を全て話しました。

その時の担当者の言葉で、一気に心が軽くなりました。

担当者

○○様のように数か月で辞めてしまった方でも、多くの方が次の職場で嘘のように楽しく働かれています。

 

保育士不足は今とても深刻で本当に必要な職業です。保育士を必要としている施設はたくさんあって、大切に育ててくれる施設もたくさんあります。

 

だから、大丈夫です!

 

「人間関係の良さ」に重点を置いて探しましょう!

  • 辛くて辞めるの私だけじゃないんだ
  • 辞めた人でもいい職場が見つかればちゃんと続けられるんだ
  • 一緒に転職先を探してくれる人がいるんだ

こんな安心感から、恥ずかしながら電話で泣いてしまいました。

転職サイトにあまり馴染みがなかったのですが、なんて素晴らしい仕事なんだろうと思いました。誰にも言えなかった情けなさや不安をじっくり聞いてもらえて、それだけでも本当に救われました。眠れなくて通っていた診療内科の薬よりも私には効果的でした。

この時お世話になったのは「保育ひろば」という保育専門の転職サイトです。今苦しい状況で悩んでいるならぜひ相談してみてください。

具体的な退職や転職時期が決まっていなくても大丈夫です。これからのことを一緒に考えてくれます。

再就職

保育ひろばに登録して、担当者さんに求人を探してもらいました。求人が見たくて3サイトに登録しましたが、保育ひろばが一番優しく押し付けがありませんでした。

心と身体を回復させたかったので「勤務開始は来月以降で」とお願いしました。

それから担当者さんは週に1度電話をくれて私の体調や心境に変化がないかを確認してくれ、合いそうな求人を紹介してくれました。その中で担当者さんが一番おすすめという保育園の面接を受ける事にしました。

面接

面接の日程調整は保育ひろばの担当者さんが行ってくれたので、面接に行くまで施設と直接のやりとりはありませんでした。

面接で保育園に行った際、前職の保育園との明らかな違いを感じました。

すれ違う先生の穏やかな顔、優しい挨拶、園長先生の話しやすさ、保育園の空気自体が私の知っているものとは違いました。

その瞬間に「あの保育園が辛かったのは私の甘えじゃない」と思えました。退職理由や勤務期間の短さは全て正直に話しました。というより、保育ひろばの担当者さんが事前に伝えてくれていました。

そのことについてあまり触れられることはなく、園長先生はひとこと「大変だったのね。子どもは可愛いわよ。」と微笑まれました。

ここでも不覚に涙が溢れました・・・。

採用・勤務

有難いことに採用してもらえ、退職から3か月後再就職を果たしました。産休の保育士の代わりとして0歳児の担当になりました。

まず驚いたのは保護者と保育士の関係の良さでした。保護者がとても保育士を慕っていて、毎日どこかで保護者が保育士に育児相談をしていました。保育士はそれを友達の話を聞くかのように、興味を持って聞いていました。

これは、私に対してもそうでした。

「保育のいろは」を0からきちんと教えてくれましたが「指導」という感じではなく、子どもに何かを教える時と同じように、私がどうすれば出来るようなるのかを考えてくれていたように感じました。

上手くいかず落ち込むこともありましたし、忙しくてしんどいと思うこともありましたが「辞めたい」と思ったことは一度もありませんでした。

いつも見守ってくれる先輩や園長先生がいて、何かあれば必ず誰かが気にかけてくれます。あらを探すのではなく、いいところを褒めてくれます。上手くいかないことはどうすればよかったのか一緒に考えてくれます。

そんな先輩を見て「どんな保育士になりたいか」という具体的な目標を持つことも出来ました。

「もう保育園では働きたくない」という人もいると思います。そんな場合は「保育園以外」で保育士資格を活かせる仕事を探してみるのもおすすめです。

▶︎保育士資格を活かせる仕事&働ける場所

保育士を1年目で辞めて

仕事を1年足らずで辞めることは、誰もが「甘えなのか」と自問自答することだと思います。

私もそうでした。そして、辞めたからといってすがすがしい気持ちになれるかと言うと残念ながらそうではありません。「甘え」が許せない自分に厳しい性格の人は、頑張ることでしか楽にはなれないのではないでしょうか。

「辞めるかどうか」を考えるのではなく「ここで頑張る」のか「新しい環境で頑張るのか」を考えてみて下さい。

頑張り屋のあなたが、この記事を最後まで読むほど悩んでいるということは、今の職場はあなたに合っていない証拠だと思います。

「保育士」という仕事を嫌いになる前に、あなたに合った職場を見つけてください。

あなたが職場を変えようと決断したなら、ぜひ以下の事を実践してください。

  1. 写真に惑わされない
    ∟写真は一瞬の切り取りです。事実とは限りません
  2. 文字を信じない
    ∟「和気あいあい」「のんびり」形のないものはなんとでも言えます
  3. 実際に見に行く
    ∟どんな情報より、自分で見た方が正確です。転職サイトを利用すれば見学させてもらえることもあります。
  4. 周りの声を集める
    ∟転職サイトの担当者、ネットの口コミなど、客観的な情報を集めましょう
    「保育ひろば」は本当にいいサイトです。
  5. 不安要素があればやめておく
    ∟少しでも気になることがあれば、やめる勇気を持ちましょう。小さな不安は多きな後悔へとつながります。

私がお世話になった保育ひろばは登録して相談するだけでも大丈夫です。転職するかしないかは相談してゆっくり考えるといいと思います。

保育ひろばホームページ▶︎

保育士1年目の辛さって?

「どんな仕事でも始めは大変」

「楽な仕事なんてない」

そんな声が聞こえてきそうですが保育士の1年目は会社勤めの1年目よりもはるかに辛いことがたくさんあります。

1.激務

社会人1年目と言えば、4月1日に入社式を終え研修などを経て実務がスタートします。しかし、保育士は4月1日にはすでに実務がスタートします。

「新卒だからまずはサポートから」なんていう優しい業界ではありません。実務経験ゼロの新米保育士であってもいきなり担任をもつことになります。

複数担任のこともありますが、1人担任のことも少なくありません。4月1日からクラスの運営をしなければならないということは、それまでに子供の顔や名前を覚え、年・月・週・日の保育案を完成させ、壁面装飾を作り・・・

会社勤めの友達が希望で目を輝かせている4月1日、保育士はすでに激務の現実を目の当たりにし疲弊しています。

もちろんここで業務が落ち着くわけではありません。ここからは日々の保育や保護者対応もプラスされさらに追い詰められていきます。

2.女の職場

保育士は、同僚・先輩・上司のほとんどが女性です。そして、激務なのは1年目の保育士だけではありません。皆忙しいのです。

忙しい女性ばかりの中に、右も左も分からない役に立たない若い女性が入ってくるとどうなるでしょうか。容易に想像がつきますね。

「優しく手取り足取り」なんてことはまずありえません。

厳しい洗礼に合い、運が悪ければ「いじめ」レベルの扱いを受けるのです。

3.子供になめられる

子供はとてもよく見ています。

1年目の保育士が相手となると「さぁ手を洗ってお部屋に戻るよ~」というこれだけでも簡単にはいきません。

水遊びが始まったり、押し合いのケンカが始まったり・・・。

通りかかったベテラン保育士が「お部屋に入りますよ~」と言うと、子どもは一斉に行動を開始。そして、ベテラン保育士から「ちゃんとしろよ」という冷たい視線を受けることになります。

4.保護者からの攻撃の的

どんなにいい保護者でも、保育に対し1つや2つは不満を抱えているものです。これがベテラン保育士が担任ならば「まぁそんなものか」と不満も抑えられるのですが、新任が相手となると違ってきます。

他の保育士なら受けることのないようなクレームを受けることが多々あるのです。

「言葉がキツイ」「子供をちゃんと見ていない」「去年のクラスはこうだった」など・・・

一年頑張れば解決する問題なら歯を食いしばって頑張ってください。でも環境に原因があると感じるなら早めの転職があなたにとっても職場にとっても最善となる場合があります。

よく考えてみてくださいね。

▼関連記事▼

人気TOP3
保育職専門の求人サイト

利用者の口コミ満足度が高く求人数が多い保育専門の転職支援サイトTOP3はこちら↓

保育ひろば⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

保育ひろば
サイト名 保育ひろば(公式サイト
運営会社 株式会社ネオキャリア
取り扱い
求人数
4,000件以上
保育士求人
幼稚園教諭
求人

派遣
特徴

保育士求人だけでなく、幼稚園教諭の求人も多い。面接日や入職日の調整をしてくれたり勤務開始後も相談に乗ってくれるなど、手厚いフォローでも評判。求人数、求人の質、スタッフの質など全体的に高評価。

保育ひろば詳細&口コミ▶︎

【保育ひろば】の求人を見る▶︎

保育ファイン⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

サイト名 保育ファイン(公式サイト
運営会社 FINE株式会社
対象地域 全国
取り扱い
求人数
8,000件以上
保育士求人
幼稚園教諭
求人

派遣
特徴

しつこい連絡が嫌な人や転職支援サイトの求人は見たいけど提案やフォローはあまり必要ないという人から人気。希望すれば求人紹介やフォローもあり。ハローワークや一般の求人媒体に比べ保育職の求人数は断然多く交通費支給などのフォローもあり、複数の転職サイトを併用している人から人気が高い。

保育ファイン詳細&口コミ▶︎

【保育ファイン】の求人を見る▶︎

ジョブメドレー保育士⭐️⭐️⭐️⭐️☆

サイト名 ジョブメドレー(公式サイト
運営会社 株式会社メドレー
対象地域 全国
取り扱い
求人数
1万件以上
保育士求人
幼稚園教諭
求人

派遣 ×
特徴

医療や介護分野で人材サービスを展開している知名度の高い会社。自分で求人を探して応募するタイプなので連絡がほぼなく利用しやすい。また「スカウト」を受ける設定にしておけば求人施設から高確率でスカウトメールが届く。地方の求人にも強く全国的に人気が高い。

【ジョブメドレー保育士】の求人を見る▶︎