年度途中に『幼稚園教諭を辞めたい』と言ったらどうなる?

過労、人間関係、体調不良、さまざまな理由で「もう幼稚園教諭を辞めたい」と思う人がいるでしょう。
 
今の状況が辛い人は「今日にでも辞めたい!」と思っているかもしれません。
 
しかし、幼稚園教諭の退職時期は『年度末』が暗黙の了解。
 
では、どうしても辛くて、年度途中に「辞めたい」と言った場合どうなるのでしょうか…?

1.なぜ幼稚園教諭の退職は年度末なのか

 そもそも、なぜ幼稚園教諭の退職は一般的に『年度末』とされているのでしょうか。
 
幼稚園教諭は大抵の場合、1人担任をしています。
 
子どもも、保護者も、1年間同じ先生が担任をすると信じて疑いません。もちろん幼稚園側もそのつもりで担任を任せています。
 
それを裏切ることは、非常に無責任であり、子どもや保護者を不安にさせる行為でもあります。
 
幼稚園の評判にも関わりますし、幼稚園側としても避けたいことです。
 
また、年度途中の人材採用は難しく、担任を任せられる即戦力となるとさらに困難です。
 
そのため、担任を持つ幼稚園教諭の退職は『年度末』が常識となっているのです。

2.年度途中に『幼稚園教諭をどうしても辞めたい』場合

それでも年度途中にどうしても辞めたい場合、どうすればいいのでしょうか。
 
一般的には「年度末」とされていますが、辞めたければ辞めることができます。それはあなたに与えられた権利です。
 
しかし、無責任な行動であり「責められても仕方のない行動」であることは理解しておきましょう。

退職理由

年度途中に辞めたいと伝えるのであれば、それなりの理由を用意しておくことが必要です。
 
例えば、
 
  • 家族の介護
  • 自分に治療の必要な病気が見つかった
  • 精神疾患
  • 妊娠して切迫と診断された
 
などです。自身の病気を理由にする場合は診断書を貰う事で、比較的スムーズに話がすすむでしょう。
 
年度途中の退職は「辛いから」では通用しないことを肝に銘じておきましょう。

退職時期

年度途中の退職は自分の希望通りの時期に退職出来るとは限りません。
 
後任が見つからなければ、保育が成り立ちません。もしかすると「後任が見つかるまでは続けて欲しい」と言われ、ずるずると働き続けることになるかもしれません。
 
しかし、もしあなたが明日突然幼稚園へ行かなくなったとしても、幼稚園はつぶれたりしません。
 
現在担任を持っていない人が担任に入ったり、系列の幼稚園からヘルプを頼んだり、どうにでもなるのです。
 
もし、精神や身体がギリギリの状態であるならば、「無責任」を覚悟で辞めてしまいましょう。
 
あなたの代わりはいくらでもいます

3.まとめ

yomoko

幼稚園教諭は年度末に辞めるのが一般的ですが、年度途中に辞める人も大勢います。
 
言い方は悪いですが、あなたの代わりはいくらでもいます。
 
しかし、あなたを守れるのはあなただけです。
 
もし、あなたが今本当につらくて、身体や心が悲鳴をあげているのなら、辞めてしましましょう。
 
責任感も大切ですが、あなた自身はもっと大切です